~平成 VS 令和 振袖コーデ対決!~

2022.01.20.

 

『令和』の時代を迎え、4年目となりました。

2021年に「成人式」をお迎えのお嬢様達は『平成』の時代に産声をあげ、新しい年号である『令和』で成人式を迎えたこととなります。

幼少期を過ごした『平成』。大人となって迎える『令和』。
ファッションも平成の約30年の中で大きく変化し、様々な流行を生み出しました。

平成といえば~ギャルブームが席巻~。女子高生にスポットを当て「コギャル」「ヤマンバギャル」がファッション誌でも取り上げられていた時代です。

スタイル別の振袖のオススメを紹介~令和Ver~

令和はしっとり大人っぽく洗練された雰囲気のコーディネートで。

流行の紐アレンジヘアはシルバーとゴールドのロープを使用しました。かすみ草のドライフラワーはモダンな印象になるので今風アレンジにピッタリ。

アクセもゴールドでまとめると今っぽいおしゃれな感じになります。
メイクはテラコッタメイクで大人華やかに。深みのある色味は派手すぎず自然な仕上がりになります。

Staff私物:髪飾り・アクセサリー・バッグ
※コーディネートはイメージです。


「大人」になった自分に似合うコーディネートで、一生に一度の成人式を素敵な思い出にしてくださいね。

スタイル別の振袖のオススメを紹介~平成の代名詞「ギャル」ファッション 平成Ver~

令和の時代にギャル文化が再ブーム!1990年代~2000年代にかけて流行したギャル独自の文化が令和になったイマ、再び注目を浴びていますよね!
ということで、るなちゃんに平成GALに変身してもらいました♪

盛り髪につけまつ毛、ながーいネイルに太めのアイラインはマスト!憧れのアーティストのようにメイクを真似したり。。。
原色ピンクにレースの重ね衿×レースでひらひらを個性的にアレンジした帯揚げに、大きな花飾りをつければ平成GALっぽさが全開。実はこの振袖、「令和Ver」の振袖と一緒なんです。アレンジを変えるだけでこんなにも印象が変わるなんて楽しいですよね!

明るく、元気に、楽しく!とにかく目立ちたいを意識して。流行りのポーズもばっちり!

※コーディネートはイメージです。

「カワイイ」に敏感で、「目立つ」「派手」をモットーにギャルファッションを楽しんでいた平成のGAL文化。るなちゃんにもまさしく平成GALの代名詞のポーズをお願いしてみました。
令和になったイマも自分らしさを大切に、思いっきり楽しんでみてくださいね♪

今の時代はスマホ等でカメラの性能も格段にアップし、鮮明に写真を写すことができますが、フィルム写真は画像の柔らかさとどんな写真が出来上がるのかのドキドキ感…。
スマホで撮影したら、目をつむったり、画像が全体的に暗ければ消去してしまうことができますが、フィルム撮影はそうはいきません。

フィルム写真だと色合いも柔らかく、同じ振袖なのにこんなにも色が違うんです!
どこかにレトロ感も感じるそんな撮影ができました。

スタイル別の振袖のオススメを紹介~Cool & Beauty~

『可愛い』じゃモノ足りない。『普通』で『被りたくない』
そんな思いを詰め込んだコーディネート。

イマドキの派手を詰め込んだCOOLスタイル!!!

今人気急上昇している黒地の振袖に金彩をたっぷりあしらった至高の1着。
小物は全体的にピンク・紫でまとめ、ワンポイントとして帯揚げに緑を入れました。

ヘアアレンジはるなちゃんの黒髪を活かしたストレート!

メイクはとにかく艶感を意識してカラーレスに。跳ね上げアイラインと赤リップを目立たせてみました。

Staff私物:髪飾り・手袋・サングラス

スタイル別の振袖のオススメを紹介~Gothic & Lolita ~


珍しいアイボリーカラーにダークな紫の芍薬が印象的な振袖。
帯はあえて真っ黒の裏地を使い、シンプルかつ大胆に仕上がりました。

そんな振袖姿に合わせて、メイクも少し病みっぽく。
ボルドーのアイシャドウで目の周りを囲み、口元はマットな赤リップ。
まるでフランス人形のように♡

Staff私物:髪飾り・手袋・草履バッグ・帯あげ飾り

スタイル別の振袖のオススメを紹介~Cute~

「キュートスタイル」の象徴、甘く女の子らしい&愛らしさ溢れるスタイルです。スウィート×カジュアルの組み合わせの洋風Mix。
赤のパーカーをあわせ、振袖はベースの白にまるでブーケのような花々が散りばめられた華やかな一枚です。

「自分には似合わない…」より、「自分らしさ」を探してみよう!
振袖=厳かや上品といったスタイルとは一線を画したスタイルです。「ワタシ」に似合う!そんな究極の一枚を探してみてはいかがですか?

Staff私物:パーカー・髪飾り・スカート・ブーツ
※コーディネートはイメージのため、重ね衿は使用しておりません。